連帯保証になってない場合は、親や兄弟の借金は払わなくていい?

連帯保証になってない場合は、親や兄弟の借金は払わなくていい?

あなたは親や兄弟の借金を払うように言われたことがありませんか。

 

親の借金を子供が払うことは当たり前だと言われたり、兄弟が借りたお金を他の兄や弟が肩代わりするのは当たり前だと言われたりすることが多いものです。

 

特に悪質な貸金業者のような場合は、これを平気で言ってくることが多いです。

 

法律的な知識がない場合は、そのようなことを言われてしまうと身内だから自分が払わなければいけないのではないかと思ってしまいます。

 

道徳的な点から考えると確かにそのように思うのは当然かもしれません。

 

しかし法律的には基本的に親や兄弟が借りたお金を子供や他の兄や弟が払う必要はありません。

 

そのようなことを言われても法律的な義務がないことを理由に断る事は簡単にできるものです。

 

注意していただきたいのはその人たちが借金をしたときに、自分自身が連帯保証人になっていないかどうかということが挙げられます。

 

もしも連帯保証人になっているような場合は、法律的に借りている本人とほとんど同じというようなことが言え、お金を返済する義務が発生してしまいます。

 

そのため連帯保証人になっていないかどうかということは必ず確認をする必要があります。

 

連帯保証人になっていれば、返済を拒むことができませんし、連帯保証人になっていない場合は返済を堂々と突っぱねることができるということになります。

 

それを確認しないで、ただ言われたからといって返済するようなことはしないようにしましょう。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら