連帯保証人も返済できなくなったら債務整理できるの?

連帯保証人も返済できなくなったら債務整理できるの?

身内やとても親しい間柄の友人などに、
連帯保証人になって欲しいといわれた経験のある方もいるでしょう。

 

それが借り入れの際の連帯保証人だけではなく、
例えば、高額な車や家を買う場合の連帯保証人であっても、
安易には引き受けるべきではありません。

 

引き受けた場合は、自分が同じ借り入れを行った、
あるいは高額な買い物をした、
と同じ状況におかれているということを
強く意識しなければいけません。

 

つまり債務者の返済が滞った場合は、
自分にその全額の返済が求められるのです。

 

ただの保証人と連帯保証人は大きく意味が違うので、
そのような申し出があった時は良く考えましょう。

 

保証人であれば、まず借り入れした本人から取り立ててくれといえますが、
連帯保証人の場合はそうはいきません。

 

しかしそこまで理解していても、断り切れずに引き受けてしまい、
結果として自分に返済が求められるようになってしまったという最悪のケースで、

 

自分にもいろいろな支払いがあってどうしようもないという場合は、
債務整理を行うことができます。

 

一口に債務整理といっても、
その方法にはいろいろとあり、
支払い義務は残りますがほとんどペナルティがないものから、
自己破産のように連帯保証人になってしまった借金もすべて含めて、
免責を受けられる場合もあります。

 

しかしこの場合は、他人の借金を被ったせいであっても、
色々な制約は抱えて生活を営んでいかなければならなくなるので、
そういったリスクもしっかりと認識しておかなければなりません。