根保証ってなあに?通常の連帯保証と違うの?

根保証ってなあに?通常の連帯保証と違うの?

保証には単なる「保証」と「連帯保証」があります。

 

この2種類にはふたつの大きな違いがあります。
ひとつめの違いは債務の返済を迫られたときに、
借りた本人に返済能力や財産があれば
そちらから取り返すように主張できるのが「保証」で、

 

そう主張することができないのが「連帯保証」だという点です。

 

ふたつめの違いは保証人が複数いる場合に
「保証」は債務の額を人数で平等に分割しますが、
「連帯保証」は一人一人に全額の請求ができるという点です。

 

もちろん保証人全員に全額の請求が来たとしても、
ひとりの人が全額返済したらその他の人は1円も払う必要はありません。

 

つまり「連帯保証」というのは、自分が借りた訳でもないのに、
借りた本人と同じとして扱われるということなのです。

 

貸し手側からすると、一人に貸して返してくれそうな人に
返済を要求できるのですから、

 

貸し手にとって都合のいい制度だといえます。

 

この2種類の保証に極度額と期限が設定されると
根保障というものになります。

 

最初に根保障の契約書に判を押したなら、
極度額内と期限内であれば借り入れごとに
保証人を交えて契約書を作らなくても、
継続的に借り入れを繰り返せる制度です。

 

単なる「保証」の根保障も「連帯保証」の
根保障もあります。

 

保証人はそのすべてを保証しなければなりません。

 

極度額が決められていても、
債務が増えているのか減っているのか分かり難いので、
保証人にとってはとても怖い制度だといえます。
ですから気軽に保証人になるのは問題だと考えます。