保証人になったことを後悔。やめることはできるの?

保証人になったことを後悔。やめることはできるの?

一般的には人がお金を借りる時に
その人の保証人に簡単になってはいけないと
言われることが多いです。

 

どうしてかと言いますと、
保証人というのはお金を借りる契約者と
同等に支払い義務が発生してしまうからであり、

 

要するに借金を作った人が返済をすることが
出来なければ借金をすべて保証人が
支払わなければならないという事です。

 

もし、誰かの保証人になってしまった時、
後悔をして保証人を辞めることが出来るのかどうか、

 

これは基本的に途中で辞めることはほぼ不可能だと言えます。

 

簡単に人の保証人になってしまった事を後悔して
どうしても辞めることを考えてしまうなら、
とにかく契約者が持っている借金を完済することを
助力するのが一番確実です。

 

また、どのくらいの借金を契約者が持っているのか
も重要な点であり、

 

これは金額が少なくて
しっかりと契約者が支払いを継続している場合ならば、
何とか解決策を探せることもあります。

 

また、契約している人が完全に
借金を放棄した場合に自分に催促がやってくるわけですが、
こうして自分も返済をすることが出来ないのであれば、
状況を改善する方法は債務整理となってきます。

 

本当に人の借金を支払うというのはとても辛いものがあります。

 

もし、家族や友人など自分と身近な
関係の人から依頼をされた場合は

 

しっかりと自分の収入や生活を考えること、
また何の為にどのくらいの借金を作るのか、
その内容を具体的に聞いておくことが非常に大事です。