保証人になったことを後悔。やめることはできるの?

保証人になったことを後悔。やめることはできるの?

一般的には人がお金を借りる時にその人の保証人に簡単になってはいけないと言われることが多いです。

 

どうしてかと言いますと、保証人というのはお金を借りる契約者と同等に支払い義務が発生してしまうからであり、

 

要するに借金を作った人が返済をすることが出来なければ借金をすべて保証人が支払わなければならないという事です。

 

もし、誰かの保証人になってしまった時、後悔をして保証人を辞めることが出来るのかどうか、これは基本的に途中で辞めることはほぼ不可能だと言えます。

 

簡単に人の保証人になってしまった事を後悔してどうしても辞めることを考えてしまうなら、とにかく契約者が持っている借金を完済することを助力するのが一番確実です。

 

また、どのくらいの借金を契約者が持っているのかも重要な点であり、これは金額が少なくてしっかりと契約者が支払いを継続している場合ならば、何とか解決策を探せることもあります。

 

また、契約している人が完全に借金を放棄した場合に自分に催促がやってくるわけですが、こうして自分も返済をすることが出来ないのであれば、状況を改善する方法は債務整理となってきます。

 

本当に人の借金を支払うというのはとても辛いものがあります。

 

もし、家族や友人など自分と身近な関係の人から依頼をされた場合は

 

しっかりと自分の収入や生活を考えること、また何の為にどのくらいの借金を作るのか、その内容を具体的に聞いておくことが非常に大事です。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら