借金がある人は生活保護の受給ができません。

借金がある人は生活保護の受給ができません。

仕事があっても収入が少なく生活が苦しい時、生活保護を受ける事で、少し生活が楽になるというイメージが強いです。

 

確かに国からお金を支給してもらう事ができれば、生活は楽になります。

 

しかしどんなに生活が苦しくても、借金がある人は生活保護の受給ができません。

 

というのも、生活保護というのは、人が生きていくために最低限必要なお金を支給するという制度ですから、それを借金の返済に充てる事は認められていないからです。

 

しかし中には借金がある事を隠して、生活保護の申請をする人もいます。

 

原則として生活保護の申請をした場合、役所はそれを拒否できない事になっていますが、現在は不正に受給する人がふえている事から、断られるケースも増えています。

 

借金については調べればすぐにわかる事ですから、生活が苦しくて生活保護を受給したいという場合は、先に借金を返済なければいけません。

 

月々の返済が苦しい場合は弁護士に相談するという方法もあります。この場合は債務整理となるので、社会的な信用はかなり低くなりますが、債務整理をした後に、生活保護の申請をする事ができます。

 

ただし弁護士に依頼するには費用がかかります。

 

これがあるので悩んでいてもなかなか弁護士に相談できないのですが、債務整理をすれば返済方法の見直しができるので、過払い金があればそれが戻ってきますし、それを弁護士費用に回す事ができます。弁護によっては費用の支払いを分割にしてくれるところもあります。

 

弁護士や法律事務所に相談をしよう

がんばって生きていても、貧困に陥る可能性はだれにでもあります。

 

病気やリストラ、事業の失敗、はたまた配偶者が借金を作ってしまったり、連帯保証人になっていた友人が夜逃げをして債務をすべて背負わされたり、自分はがんばっているのに貧困に陥ることだってあります。

 

生活保護のお金というのは、憲法で保障されている、「健康で文化的な最低限度の生活を営む」ためのお金です。簡単に言うと、食べたり、着る服を買ったり、アパートやマンションを借りて住んだりするためのお金なのです。

 

健康で文化的に生きるための最低限のお金しかもらえないのに、そのお金を借金を返すために使ってしまったら、その人はどうやって健康で文化的な生活を送るのかという話になりますね。

 

だから常識的に考えても、保護費で借金を返すことはできないのです。

 

生活保護を受けようと福祉事務所に相談に行っても、「あなたは生活保護を受けられません」と言われて、門前払いされてしまうこともあります。

 

でも、法律では「生活保護の申請は拒否できない」とされているので、福祉事務所にこういう対応をされたら、それは間違った対応だと思いましょう。

 

弁護士に相談をすると、自己破産と生活保護の両方について対応してもらえます。

 

自己破産をすると、借金がゼロにできるので、もう返済の心配はしなくてよくなります。

 

弁護士費用についても、弁護士さんによっては保護を受けられてからの分割払いにしてくれるので、心配はいりませんよ。

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら

 

 

関連ページ

生活保護を受けている場合、医療費の自己負担は扶助対象になりますので、実質無料になります。
これは生活保護を受ける時に、国民健康保険からも除外されるため、保険証がないからという理由もあります。
ホームレスの場合は生活保護は住民票がないために断るケースが多くあります。
これは地域による違いがあるため、対応にかなり差が出ます。原則として住所を持たないホームレスも生活保護を受ける事はできますが、なかなか認めら貰えないというのが現状です。
外国人への生活保護の支給が認められている
実際に日本に住む外国人で生活保護を受けている人はたくさんいます。その多くは韓国や朝鮮国籍の人で、ついで中国や台湾国籍、フィリピン国籍、ブラジル国籍の人となっています。外国人で生活保護を受給する人は年々数が増加しています。
生活保護の不正受給がばれるとどうなるのか?
不正受給をすれば、悪質な場合、刑事告訴される事もあります
生活保護を受けるとアパートは借りれなくなるの?
しかし現在生活保護を受けている人が、これからアパートを探すとなると、かなり難しくなります。
自動車があると生活保護はもらえないの?
車がないと生活に支障が出るというような場合は例外が認められます。
生活保護を受けながらバイトするには申請が必要
最初にアルバイトで得ている収入を申告していれば問題ありませんが、後からこっそりバイトを始めて申告時以外の収入が増えた場合は、それを福祉事務所に申告しなければいけません
貯金があると生活保護は受けられないの?
申請に貯金があっても、その額によっては貯金を認めている事があります。
自己破産したほうが生活保護は受けられるの?
結論から言えば、自己破産しても生活保護は受けられます。
年金収入があると生活保護は受けられないの?
生活保護には基準があって、収入が基準を下回る場合は生活保護を受給できますが、年金でも収入が基準を上回る場合は、生活保護は受けられません。
高齢で病気がちでも生活保護は受けられるの?
高齢者で働けないという理由があっても、資産がある人、借金がある人、親族に扶養できる人がいる場合など生活保護申請に必要な条件を満たしていない人は、生活保護が受けられません。
高齢でもう働けない場合は生活保護は受けられるの?
高齢者で働けないという理由があっても、資産がある人、借金がある人、親族に扶養できる人がいる場合など生活保護申請に必要な条件を満たしていない人は、生活保護が受けられません。
自宅があると生活保護は受けられないの?
持ち家があると生活保護が受けられないと思われがちですが、必ずしもそうではないのでまずは福祉事務所に行って相談してみてください。状況によっては家を売らずに済みます。
働けるのに働かないと生活保護は受けられないの?
働けるだけの体力があるのに、気力がない、怠けたいというだけで働かず、生活保護を受けるのは本来なら不正受給となります。
親戚が金持ちだと生活保護は受けられないの?
例えば生活保護を受けたいと思っている人の親戚に、金持ちがいた場合は、まず親戚のところに扶養してもらえないか頼まないといけません。
障碍者支援があると生活保護は受けられない?
これはどの程度支援をうけているか、これによっても変わってきますが、障碍のために仕事ができず、資産もないという場合は生活保護が受けられます。
生活保護を受けてもクレジットカードはもてるの?
結論から言えば生活保護を受けている人はクレジットカードを持てません
生活保護を受けてもスマホはもてるの?
原則として、生活保護を受けている人でもスマホやパソコン、テレビや冷蔵庫などの大型家電は持っていても良いとされています。
母子家庭ではどんな場合に生活保護が受けられるのか?
母子家庭なら生活保護が受けられると思われがちですが、母子家庭だから無条件で生活保護が受けられるわけではありません。
生活保護を受けた後キャッシングはできるの?
借金がある人は生活保護を受けられませんので、キャッシングは不可能です。
生活保護を受給してるけど有料老人ホームなどの介護施設には入居可能?
結論から言うと、生活保護を受けている高齢者でも、介護サービスは受けられますし、医療費の支払いは免除されるので、医療費もかかりません。
生活保護受給者は学資保険や生命保険、医療保険に加入出来ないの?
給付金が受けられる医療保険や、解約返金がある保険や学資保険なども全て資産とみなされるので解約しなければいけません。
生活保護を受けた後こどもがバイトしたけど申告は必要なの?
生活保護を受けた後こどもがバイトして、バイト代をもらったという時、世帯で生活保護を受けているなら、これは届出義務がありますので、申告しなければいけません。
申請後ケースワーカーはどんな調査をするの?
申請後の調査では、当然ですが、資産については厳しく調べられます。
生活保護費を返還しなければならないときってどんなとき?
生活保護費を返還しなければならないケースについてはきちんと法律で定められています。