親や兄弟にまで支払い請求がきました。払う義務はありますか?

親や兄弟にまで支払い請求がきました。払う義務はありますか?

親や兄弟にまで支払い請求が来たという人は
融資に関する基本的な情報を抑えておきましょう。

 

家族というだけで支払い義務が発生する法律はありません。
親や兄弟にまで支払い請求がいく場合は契約者が
お金を借りる時に保証人に親や兄弟がなっている時だけです。

 

そうではないのに家族にまで支払い請求がいくというのは
闇金の可能性が非常に高いです。

 

これに対する対策として、上記で説明したように保証人でないのであれば
全く家族は支払う必要がありません。

 

すぐに弁護士へ相談をして法的な処置を取りたいところです。
また、保証人になっている場合はしっかりと支払い請求に対して
保証人になっている人が支払いを済ませる義務があります。

 

この場合に返済をすることが難しい場合は債務整理をするなど、
何かの対策を取らなければなりません。

 

少し話が逸れますが、もし家族の方で借金を持っている人がいて、
遺族の誰も保証人になっていないという状況の場合は
どうなるのかも説明しておきますと、

 

これは基本的に保証人ではないので支払う義務はありませんが、
借金も財産となるので遺産相続するか
どうかによって状況は変わってくることになります。

 

遺産相続は全ての遺産を総額として判断することが大事であり、
もしトータルでプラスになると判断出来るのあれば
借金は全て返済してしまう方が遺族にとってはプラスになってきます。

 

こうした事も含めてしっかりと知識を持っておき
正しい対応をするようにしましょう。