仮差し押さえってなあに?

仮差し押さえってなあに?

仮差し押さえというのは債権者が債務者の財産を
没収するために裁判で争う事になり、
無事に勝訴することが出来た時に債権者の財産を没収しようと思っても、

 

例えば裁判というのはとても時間がかかるものであり、
目先として自分が敗訴することが濃厚だと判断出来ると、
その裁判中の間に自分が持っている車や住宅など、
価値ある物の名義を変更されてしまうことがありますが、
そうした状況を防ぐために仮に差し押さえをすることを仮差し押さえと言います。

 

簡単にまとめると、裁判でせっかく勝訴したのに
債務者の財産を確保することが出来なければ全く意味がないため、
そうした状況を防ぐために結果が出る前に
先に価値ある物を差し押さえておくことが出来るという内容です。

 

一般的にこの知識は金融会社からの借入、
あるいは税金等の支払いなど、
お金の支払いが延滞した時に上記のように
自分が債務者として訴訟に発展してしまうケースがあるので、
仮に差し押さえを食らってしまうことがありえることを覚えておくことが大事です。

 

また、基本的にこうした状況になった時は
何の支払いが遅れているのかにもよりますが、

 

返済苦は収入が上がらなければなかなか状況を
改善することが出来ないので、
しっかりと債務整理を検討することが大事です。

 

債務整理を実行すると、催促や督促を止めることが出来ますし、
借金を持っている場合はその返済計画を立て直すことが出来るようになるので、
現状を打開する為の効果的な方法となります。