失業保険の認定日にいけなかったらどうすればいい?変更できる?

2022年4月22日 更新

失業保険の認定日にいけなかったらどうすればいい?変更できる?

失業保険の認定日に、ハローワークに行くのをうっかり忘れてしまった。

 

もしくは、やむを得ない事情があって行くことができなかった場合、どのような手続きが必要になるか、あらかじめ知っておくとよいでしょう。

 

失業保険を受給するためには、求職活動や決められた日に失業給付の手続きに行くなど、いくつか決まり事があります。

 

それらを確実に行わなければ、失業保険の給付はされません。

 

例えば、認定日にハローワークに行かなかった場合、その認定を受ける日までの期間、および、認定を受ける予定だった当日の失業認定を受けることができません。

 

つまり、失業給付が支給されないということです。

 

その後、さらに、次の認定日にもハローワークに行かなければ、約2ケ月分の失業保険を受給することができなくなります。

 

ただし、やむを得ない理由がある場合は、認定日の変更ができるケースもあります。

 

やむを得ない理由とは、「採用試験があった」、「天災や事故」、「病気やけが」などが該当します。

 

このような場合は、証明書の提出をすることで次の認定の日にまとめて認定を受けることができます。

 

採用試験の場合は「面接をしたという証明書」、天災や事故などの場合は「公官庁発行の証明書」、病気やけがの場合は「傷病証明書」などが必要です。

 

ただ、原則としては、特別な事情がない限り、認定日の変更はできないことになっています。

 

どうしても当日にハローワークに行けない人は、必ず、事前にハローワークに電話連絡をしてください。

 

その特別な事情というのが、変更の対象となるものであるのか、また、なるのであれば必要な提出書類について教えてくれます。

 

もし事前に連絡ができなくても、後日必ず連絡をするようにしてください。

 

状況を伝えることで、対策やアドバイスをしてくれるはずです。

 

とにかく、都合が悪くなった段階で、ハローワークに連絡するということが一番大事です。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら