失業保険を受給するための手続きはどうすればいの?

2022年4月22日 更新

失業保険を受給するための手続きはどうすればいの?

社会保険に加入していた場合で勤務年数が12ヶ月以上の場合には失業保険を受給する資格があります。

 

その失業保険の受給の流れは、退職すると雇用保険被保険者証というものを会社からもらいます。

 

こちらが、失業保険に必要な書類の一つです。

 

そして、一番大事になるのが「離職票」というものが手続きには必要です。

 

離職票は、退職時に会社に申請をすると退職後、自宅まで郵送してくれます。

 

通常で、離職票が自宅に届くまで約2週間程度の時間がかかります。

 

この離職票が届くと、失業保険の手続きをすることができます。

 

最寄りのハローワークで、必要なものを用意して申請をします。

 

そして受給するために、失業保険の制度の説明などを受けることになります。

 

このときには、失業保険の仕組みや禁止されていることなどが詳しく説明されます。

 

説明会が終了すると、次回からの認定日を指定されます。

 

受給開始には、会社都合の場合には待機期間が7日になりそれ以降の日から日数計算され約28日後には保険金をもらうことができます。

 

ただし、自分都合で退職した場合にはさらに待機期間が3ヶ月という期間がかかります。

 

その待機期間に、就職が決まる場合には就職手当がもらえます。

 

この待機期間にも、月に最低2回の就職活動実績を作っておく必要があります。

 

就職活動とは、面接にいくことや履歴書を送ること、就職セミナーに参加することやハローワークでの就職相談などが含まれています。

 

働く気持ちはあるが、仕事がないというのが前提になっています。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら