失業保険を受給するための手続きはどうすればいの?

失業保険を受給するための手続きはどうすればいの?

社会保険に加入していた場合で
勤務年数が12ヶ月以上の場合には失業保険を受給する資格があります。

 

その失業保険の受給の流れは、
退職すると雇用保険被保険者証というものを会社からもらいます。

 

こちらが、失業保険に必要な書類の一つです。
そして、一番大事になるのが「離職票」というものが手続きには必要です。

 

離職票は、退職時に会社に申請をすると
退職後、自宅まで郵送してくれます。

 

通常で、離職票が自宅に届くまで
約2週間程度の時間がかかります。

 

この離職票が届くと、
失業保険の手続きをすることができます。

 

最寄りのハローワークで、
必要なものを用意して申請をします。

 

そして受給するために、
失業保険の制度の説明などを受けることになります。

 

このときには、失業保険の仕組みや
禁止されていることなどが詳しく説明されます。

 

説明会が終了すると、次回からの認定日を指定されます。

 

受給開始には、会社都合の場合には
待機期間が7日になりそれ以降の日から日数
計算され約28日後には保険金をもらうことができます。

 

ただし、自分都合で退職した場合には
さらに待機期間が3ヶ月という期間がかかります。

 

その待機期間に、就職が決まる場合には就職手当がもらえます。

 

この待機期間にも、月に最低2回の
就職活動実績を作っておく必要があります。

 

就職活動とは、面接にいくことや履歴書を送ること、
就職セミナーに参加することやハローワークでの
就職相談などが含まれています。

 

働く気持ちはあるが、仕事がないというのが前提になっています。