退職してから失業手当をもらうまでの期間はどのくらい?

2022年4月22日 更新

退職してから失業手当をもらうまでの期間はどのくらい?

退職してしまった場合、失業手当をいつからもらえることができるのか非常に気になります。

 

ただでさえ借金やローンの返済などに追われているような人にとってはその手当は生きていくために必要不可欠なものになります。

 

貰える額も気になるところですが、それ以前にいつからもらうことができるのかということを知っておかなければ、次の日のご飯も食べることができないかもしれません。

 

そこでどれくらいの期間でもらうことができるのかということについて知っておくと安心できます。

 

これは退職した場合のパターンで決められています。

 

自ら辞めた場合、会社の都合で辞めさせられた場合、その他に辞めざるを得なかったような場合というようなパターンがあります。

 

自ら辞めた場合では、7日間待たされ、その後3カ月間さらに待たされます。

 

次に会社の都合の場合、これはリストラされた人や会社が倒産した場合ですが、この場合も7日間は待たされますが、その後の3カ月間は待たされるということはありません。

 

その他に辞めざるを得なかったような場合ですが、これを特定受給資格者といい、例えば残業時間がたくさんある人や、遠くに転勤させられ通勤が難しくなってしまった場合、給料がたくさん減ってしまった場合など、このような人たちが該当し、このような人も7日間待つだけで、3カ月間待たされることなく失業手当をもらうことができます。

 

これらすべてにおいて、これ以外にも手続きなどで期間を必要とする場合があるので、この数字よりも多めに考えておいた方が良いものです。

 

このように失業手当をもらうまでの期間は、その人が退職した理由によっても変わってきます。

 

特に失業手当をもらう際に特定受給資格者に該当するかどうかということを見逃すことが多いので注意して手続きなどを進めていくと良いでしょう。

 

失業手当を早くうけとって、借金の返済などを少しでもできればいいものです。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら