退職してから失業手当をもらうまでの期間はどのくらい?

退職してから失業手当をもらうまでの期間はどのくらい?

退職してしまった場合、
失業手当をいつからもらえることができるのか非常に気になります。

 

ただでさえ借金やローンの返済などに追われているような人にとっては
その手当は生きていくために必要不可欠なものになります。

 

貰える額も気になるところですが、
それ以前にいつからもらうことができるのかということを知っておかなければ、
次の日のご飯も食べることができないかもしれません。

 

そこでどれくらいの期間でもらうことが
できるのかということについて知っておくと安心できます。

 

これは退職した場合のパターンで決められています。

 

自ら辞めた場合、会社の都合で辞めさせられた場合、
その他に辞めざるを得なかったような場合というようなパターンがあります。

 

自ら辞めた場合では、7日間待たされ、その後3カ月間さらに待たされます。

 

次に会社の都合の場合、
これはリストラされた人や会社が倒産した場合ですが、
この場合も7日間は待たされますが、
その後の3カ月間は待たされるということはありません。

 

その他に辞めざるを得なかったような場合ですが、
これを特定受給資格者といい、
例えば残業時間がたくさんある人や、
遠くに転勤させられ通勤が難しくなってしまった場合、
給料がたくさん減ってしまった場合など、
このような人たちが該当し、このような人も7日間待つだけで、
3カ月間待たされることなく失業手当をもらうことができます。

 

これらすべてにおいて、これ以外にも
手続きなどで期間を必要とする場合があるので、
この数字よりも多めに考えておいた方が良いものです。

 

このように失業手当をもらうまでの期間は、
その人が退職した理由によっても変わってきます。

 

特に失業手当をもらう際に特定受給資格者に
該当するかどうかということを
見逃すことが多いので注意して手続きなどを進めていくと良いでしょう。

 

失業手当を早くうけとって、
借金の返済などを少しでもできればいいものです。