失業保険をもらうための要件は?もらえない人はどんな人?

失業保険をもらうための要件は?もらえない人はどんな人?

会社を退職した場合に失業保険をもらおうとしたら
要件を満たしていないが為にもらえないなんていうことも
ありえるのをご存知でしょうか。

 

ただでさえ借金で大変な場合に
失業保険をもらえないということがわかったら
首をくくることにもなりかねないかもしれません。

 

そんなことになったら大変ですので、
会社を退職する場合には失業保険をもらうための要件を
満たしているのかどうかということを
しっかりと調べた上で行動に移しましょう。

 

さてその要件とはどのようなことをいうのでしょうか。

 

まず必要なことは退職をした日から遡って2年間のうち、
12ヶ月以上必要ということが条件として挙げられます。

 

これは正社員であろうとアルバイトやパートで
あろうと特にその区別はありません。

 

ただしアルバイトやパートの場合は、
勤務日数や勤務時間によって
雇用保険に加入していない場合がありますので注意が必要です。

 

そして特定受給資格者に該当する場合は
この期間が短くなります。条件が緩和されているのです。

 

また病気や怪我なので働くことができない場合や、
自営業をしている場合、
会社などの取締役や監査役といった役員に就任しているような場合、
学校に行っていて就職する気がないような場合、
このような場合などは失業保険はもらえない人になります。

 

つまりこの点に関しては働く意志があったり、
働くことができるような人であれば大丈夫ということになります。

 

逆にそうでない人の場合はもらえない人ということになります。

 

簡単な要件としては以上のようなものが挙げられますが、
このほかにも細かい決まりはありますので、
退職をする前には出来る限り確認をしてから
行動に移すようにしましょう。