任意売却のメリットとデメリットについて

任意売却のメリットとデメリットについて

住宅ローンの返済が困難になった場合には、
自宅を競売にかけられてしまう恐れがあります。

 

一般的には3ヶ月間返済が滞ってしまいますと、
保証会社から一括返済を求められ競売の手続きが開始されます。

 

競売は裁判所を通じて不動産を売却する方法で、
市場価格よりもかなり安く売却することになります。

 

同様に自宅を手放す場合でも競売とは別に
任意売却と言った方法があります。

 

任意売却は競売で自宅を売却するよりも、
債務者と債権者双方にとってメリットがあります。

 

一番のメリットは市場価格に近い金額で
自宅を売却出来ることです。自宅を高く売ることが出来れば出来るほど、
債務者にとっては残債が少なくなりますし、
債権者にとっては多くの債権を回収できることになります。

 

また残った債務の返済方法についても任意売却でしたら、
債権者と返済方法について交渉することが可能です。

 

家計が苦しくなって自宅まで手放す状況になっていることは
債権者も十分理解していますので、
返済方法も毎月1万円などに負担を軽減してくれる可能性もあります。

 

その他のメリットとしては引越し時期について相談できることです。
任意売却でしたら買主と交渉することによって、
引越し時期を先送りすることも可能です。

 

一方任意売却にはデメリットも存在します。
最もデメリットとなることは手間がかかることです。

 

手続きを行う場合は専門の業者に依頼することになりますので、
一見負担は少ないように思えますが、
出来るだけ早く失敗の無い業者選びをすることはかなり大変です。

 

業者選びを誤ってしまえば手続きを成功させることが
出来ない場合もあることを認識しておくことが必要です。