任意売却できないケースってあるの?

2022年6月22日 更新

任意売却できないケースってあるの?

住宅を購入する際には銀行の住宅ローンを利用することが多いです。

 

住宅ローンは長い年月をかけて毎月一定額きちんと返済し続けなければいけません。

 

しかし長い返済期間の間には様々な状況の変化がありますので、返済が困難になってしまうケースもあります。

 

もし2ヶ月間返済を滞納してしまいますと銀行から代位弁済手続き開始の予告と言った通知が送付されます。

 

その後、3ヶ月間支払いが滞ってしまいますと、代位弁済手続きが開始され保証会社から一括返済の督促通知が届きます。

 

もしもこの段階でも支払いができない場合には自宅を競売にかける手続きが開始されます。

 

競売の手続きが開始されれば半年程度で自宅を手放さなければいけなくなります。

 

しかし同じ手放す場合でも任意売却を選択した方が、債務者にも債権者にもメリットがあります。

 

競売の場合は市場価格に比べてかなり安い値段で売却されますが、任意売却でしたら市場価格に近い値段で売却することが可能です。

 

債務者にとっては残債がより少なくなりますし、債権者にとっては多くの債権を回収できるメリットがあります。

 

しかし場合によっては任意売却ができないケースもあります。

 

任意売却ができない理由の一つに時間切れが挙げられます。

 

任意売却は競売の開札の前日までに成立されなければいけません。

 

ですので手続きの開始が遅れてしまった場合はタイムリミットまでに売却できない恐れもあります。

 

そうなれば競売で自宅を売却することになりますので、自宅を手放した後も多くの債務が残ることになります。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら