任意売却できないケースってあるの?

任意売却できないケースってあるの?

住宅を購入する際には
銀行の住宅ローンを利用することが多いです。

 

住宅ローンは長い年月をかけて
毎月一定額きちんと返済し続けなければいけません。

 

しかし長い返済期間の間には様々な状況の変化がありますので、
返済が困難になってしまうケースもあります。

 

もし2ヶ月間返済を滞納してしまいますと
銀行から代位弁済手続き開始の予告と言った通知が送付されます。

 

その後、3ヶ月間支払いが滞ってしまいますと、
代位弁済手続きが開始され保証会社から
一括返済の督促通知が届きます。

 

もしもこの段階でも支払いができない場合には
自宅を競売にかける手続きが開始されます。

 

競売の手続きが開始されれば半年程度で
自宅を手放さなければいけなくなります。

 

しかし同じ手放す場合でも任意売却を選択した方が、
債務者にも債権者にもメリットがあります。

 

競売の場合は市場価格に比べて
かなり安い値段で売却されますが、
任意売却でしたら市場価格に近い値段で売却することが可能です。

 

債務者にとっては残債がより少なくなりますし、
債権者にとっては多くの債権を回収できるメリットがあります。

 

しかし場合によっては任意売却ができないケースもあります。

 

任意売却ができない理由の一つに時間切れが挙げられます。
任意売却は競売の開札の前日までに成立されなければいけません。

 

ですので手続きの開始が遅れてしまった場合は
タイムリミットまでに売却できない恐れもあります。

 

そうなれば競売で自宅を売却することになりますので、
自宅を手放した後も多くの債務が残ることになります。