任意売却と競売とはどう違うの?

2022年4月22日 更新

任意売却と競売とはどう違うの?

任意売却とは、債権者の同意を得て抵当権を解除し、通常の不動産売買と変わらない方法で家を売却する手続きです。

 

一方、競売とは裁判所が強制的に家を売却して債権者への支払いにあてる方法です。次のような違いがあります。

 

まず、任意売却のメリットとして、かかる費用はすべて物件が売られた後にそこから引かれるので、手持ちの資金がゼロでもできることです。

 

また、通常の不動産売買と変わらないので、ほぼ市場価格で不動産を売ることができます。

 

さらに、引越し費用が手元に残せる場合があります。

 

他には、近所の人に知られずに売却ができる、親族間売買などをすることでそのままその家に住み続けることができる可能性があるなどといったメリットがあります。

 

デメリットとしては、手続きが煩雑なことや、債権者の同意が必要なことがあります。

 

しかし、専門家に依頼すれば煩雑な手続きからは開放されますし、債権者の同意はほとんどの場合に得られるので、住宅ローンの支払いが困難な場合には、一般的には任意売却という方法がとられます。

 

債権者の同意が得られる理由としては、競売になるよりは任意売却になったほうが債権が回収できる可能性が上がるからです。

 

競売のメリットは、裁判所がすべてやってくれるので自分はなにもしなくてもよいことや、自己破産をすることが決まっている場合には競売のほうが手続きに時間がかかるので、長く家に住んでいられるということなどです。

 

競売のデメリットは、不動産を売却して得られたお金はすべて債権者のところに行ってしまい、あなたの手元には1円たりとも入らないことです。

 

さらに、一般的に、不動産が市場価格よりもかなり安く売られてしまいます。

 

以上、2つの制度の違いをご理解いただけたでしょうか。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら