任意売却と競売とはどう違うの?

任意売却と競売とはどう違うの?

任意売却とは、債権者の同意を得て抵当権を解除し、
通常の不動産売買と変わらない方法で家を売却する手続きです。

 

一方、競売とは裁判所が強制的に家を売却して
債権者への支払いにあてる方法です。
次のような違いがあります。

 

まず、任意売却のメリットとして、
かかる費用はすべて物件が売られた後にそこから引かれるので、
手持ちの資金がゼロでもできることです。

 

また、通常の不動産売買と変わらないので、
ほぼ市場価格で不動産を売ることができます。

 

さらに、引越し費用が手元に残せる場合があります。
他には、近所の人に知られずに売却ができる、
親族間売買などをすることで
そのままその家に住み続けることができる可能性が
あるなどといったメリットがあります。

 

デメリットとしては、手続きが煩雑なことや、
債権者の同意が必要なことがあります。

 

しかし、専門家に依頼すれば煩雑な手続きからは開放されますし、
債権者の同意はほとんどの場合に得られるので、
住宅ローンの支払いが困難な場合には、
一般的には任意売却という方法がとられます。

 

債権者の同意が得られる理由としては、
競売になるよりは任意売却になったほうが
債権が回収できる可能性が上がるからです。

 

競売のメリットは、裁判所がすべてやってくれるので
自分はなにもしなくてもよいことや、
自己破産をすることが決まっている場合には
競売のほうが手続きに時間がかかるので、
長く家に住んでいられるということなどです。

 

競売のデメリットは、
不動産を売却して得られたお金は
すべて債権者のところに行ってしまい、
あなたの手元には1円たりとも入らないことです。

 

さらに、一般的に、不動産が市場価格よりもかなり安く売られてしまいます。

 

以上、2つの制度の違いをご理解いただけたでしょうか。