競売開始決定通知がきたらどこに相談すればいいの?

競売開始決定通知がきたらどこに相談すればいいの?

住宅ローンの返済が滞り、
債権が融資銀行などから回収業者へ移ると
一括返済を求められるようになります。

 

それを放置しておくと、物件を差し押さえられた上で
競売の開始決定通知が届くことになります。

 

もちろんそのままにしておくと、
競売が執行されて物件は没収されることになります。

 

けれども、この時点でもまだ競売を回避することは可能です。

 

開始決定通知が届いたとしても、
実際に執行されるまでにはまだ期間があります。

 

この間に何を行えるのかを相談することができるところが幾つかあります。
まずは住宅ローン相談センターに足を運ぶことが有効です。

 

ここには弁護士や司法書士、税理士などとのネットワークがあるので、
様々な対応を行うことが可能となります。

 

まず最も負担を減らすこととなる任意売却を検討することになります。
これは通常、競売の開始決定通知が来る前に行うものですが、
手続きによっては通知が届いてからでも行うことが可能となります。

 

そして一般の売却のように周辺相場と変わらない金額で売却することにより、
債務の全て、あるいはその一部を返済することになります。

 

また弁護士に相談することによって、その売却金額を全て返済に充てることなく、
新しい住まいへの引越しに必要な費用を確保することもできます。

 

あるいは任意売却専門の業者に依頼することによって債権者と話し合いを行い、
残りの返済に関しても負担を減らすように交渉することが可能となるわけです。