競売ってなあに?デメリットは?

競売ってなあに?デメリットは?

住宅ローンが払えなくなると
住宅を売却してローンの返済にあてなければならなくなります。

 

住宅を売却する方法は裁判所による競売と任意売却という方法があります。

 

競売は裁判所が全ての意思決定を行います。

 

不動産鑑定や執行官による現地調査を参考に基準価格を決定して、
基準価格の90%以上の入札があれば、
所有者の同意なしに強制的に住宅を売却します。

 

その一番のデメリットは売却価格が低くなることです。

 

限られた情報しか公開されないなど、
通常の不動産売買とは販売方法が異なるため、
売却価格は市場価格の7割程度というのが一般的です。

 

売却価格が低いと住宅を売却後に返済する債務が多く残ってしまいます。

 

しかも残りの債務に競売費用や遅延損害金が加算されて、
すべてを一括で返済するよう請求されてしまいます。

 

そのため競売後に自己破産する人もいます。

 

また落札され所有権移転が済んでしまったのに、
引っ越し先が決まらないまま住み続けていると不法滞在者として扱われて、
立ち退きを迫られてしまうことにもなります。

 

反対に落札されなければその間は住み続けることも可能です。
さらに社会信用上のデメリットもあります。競売の情報はインターネットなどで公開されていますので、
周囲に住宅ローンが払えなくなったことが知られてしまいます。

 

信用情報機関に掲載されますので
7年程度の間は金融機関からの借り入れができなくなります。

 

考えてみると競売では所有者の意思が
一切考慮されないということが最大のデメリットといえます。