競売ってなあに?デメリットは?

2022年4月22日 更新

競売ってなあに?デメリットは?

住宅ローンが払えなくなると住宅を売却してローンの返済にあてなければならなくなります。

 

住宅を売却する方法は裁判所による競売と任意売却という方法があります。

 

競売は裁判所が全ての意思決定を行います。

 

不動産鑑定や執行官による現地調査を参考に基準価格を決定して、基準価格の90%以上の入札があれば、所有者の同意なしに強制的に住宅を売却します。

 

その一番のデメリットは売却価格が低くなることです。

 

限られた情報しか公開されないなど、通常の不動産売買とは販売方法が異なるため、売却価格は市場価格の7割程度というのが一般的です。

 

売却価格が低いと住宅を売却後に返済する債務が多く残ってしまいます。

 

しかも残りの債務に競売費用や遅延損害金が加算されて、すべてを一括で返済するよう請求されてしまいます。

 

そのため競売後に自己破産する人もいます。

 

また落札され所有権移転が済んでしまったのに、引っ越し先が決まらないまま住み続けていると不法滞在者として扱われて、立ち退きを迫られてしまうことにもなります。

 

反対に落札されなければその間は住み続けることも可能です。

 

さらに社会信用上のデメリットもあります。競売の情報はインターネットなどで公開されていますので、周囲に住宅ローンが払えなくなったことが知られてしまいます。

 

信用情報機関に掲載されますので7年程度の間は金融機関からの借り入れができなくなります。

 

考えてみると競売では所有者の意思が一切考慮されないということが最大のデメリットといえます。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

最近、流行している「給与ファクタリング」被害の対応も可能。

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら