闇金を利用したい人はどうやって闇金業者を探すの?

2022年4月22日 更新

闇金を利用したい人はどうやって闇金業者を探すの?

闇金業者を探す主な方法は、電柱の張り紙やインターネットです。

 

賑やかで人通りの多い繁華街の電柱には、貸金業者の張り紙が多く張られていますが、この張り紙の大半は闇金業者が関係しています。

 

インターネットの場合は、ツイッターなどのソーシャルネットワーキングサービスを介した個人間融資が多くなっています。

 

ツイッター上に潜伏している闇金業者の特徴は、特定の単語を使ったハッシュタグです。

 

ハッシュタグとは該当サービスの中で指定した単語を検索されやすいようにする機能で、闇金業者はそのハッシュタグに「#個人融資」や「#お金貸します」と単語を設定して、ツイートを行い集客しています。

 

 

お金に困っている人は、ハッシュタグの単語を検索することで闇金業者のツイートに辿り着き、闇金業者と接点ができてしまいます。

 

 

闇金業者がツイッターを利用する利点は、借入希望者の集客がしやすく、闇金業者としての素性を隠せることです。


 

今やツイッターの月間アクティブユーザー数は4,000万人を超えるため、多くの人が集まり人の目につきやすい場所になっています。

 

そんな広大なネットワークの中で素性を隠しながら、お金に困っている人を狙うのが闇金業者です。

 

スマホの提供を求められる

ツイッターで横行している個人間融資をうたう闇金業者の特徴は、借入希望者の審査条件が緩い代わりに、貸付の代償としてスマートフォンなどの提供を求められることです。

 

闇金業者や詐欺グループは電話利用料金の請求や悪用した責任を他人に負わせる、通称「飛ばし携帯」を利用して犯罪行為を繰り返しています。

 

飛ばし携帯は、拠点や居場所を突き止められないように店舗を構えない闇金業者にとって生命線です。

 

しかし、その飛ばし携帯も悪用されている事実が発覚すれば、携帯会社から利用停止になる場合があります。

 

その度に闇金業者は使用している飛ばし携帯を使い捨て、また新たに他人のスマートフォンを飛ばし携帯として使います。

 

場合によってはスマートフォンを提供した後、まったく連絡が取れないこともありますし、飛ばし携帯が闇金業者の手に渡ってしまうと犯罪行為を助長することにもなります。

 

当然、端末購入費用や利用料金の支払い請求は契約者に届きます。

 

個人情報が流出するとこわい

個人間融資では、現在の職種や給与などの情報と希望額を伝えると、それに対して闇金業者が融資方法や返済日を提示してきます。

 

契約が成立したときに厄介なのが個人情報の流出です。

 

口座番号や携帯番号を知られていると、勝手にお金を振り込まれ利息分を要求する「押し貸し」の被害に遭う可能性があります。

 

借入希望者が女性の場合は、猥褻目的の写真や動画を要求する闇金業者もいます。

 

二次被害が発生する可能性があるので、安易に闇金業者を利用してはいけません。

 

そもそも個人間融資に関しては、利率で法律違反をしている可能性が高いです。

 

個人で金銭の貸し借りをする場合、利息制限法を厳守しなければいけません。

 

利息制限法で定められている金利の上限は、借入額10万円未満は金利20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上の場合は15%までです。

 

 

この金利上限をうやむやにするため、最初に金利を伝えず貸し付けを行うのが闇金業者の手口です。


 

様々な手口で詐欺行為を働く闇金業者を利用しないのが一番ですが、それでもお金を借りたいと困っている人が被害にあっています。

 

違法な金利による過剰な取立て行為や、本来の貸金業ではありえない担保を取られた場合は弁護士に相談するのが最適です。

 

特に闇金問題に精通している弁護士は解決実績があるので頼りになります。

 

弁護士が介入すれば、不法原因給付に該当する闇金業者から借りたお金は返済しなくてすみます。

 

一人では抱えきれない闇金からの被害は、闇金い強い弁護士・司法書士に任せて問題の早期解決を目指しましょう。

 

闇金の無料相談なら下記の専門家が即日に対応してくれます。

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所