LINEを利用したソフト闇金の手口や取り立てが増えている

LINEを利用した闇金の手口や取り立てが増えている

スマートフォン利用者が増え、SNSアプリのLINEを使う闇金業者が増えています。

 

従来の闇金は、脅迫のような取り立てやガラの悪そうな人が対応する怖いイメージが先行していましたが、現在増えている闇金業者は以前の闇金業者よりも取り立てが厳しくないため、ソフト闇金とも呼ばれています。

 

しかし、取り立てが厳しくないのは消費者のためではなく、闇金業者が警察からの取り締まりを逃れるため、体裁を整えているからです。

 

ソフト闇金は個人間融資を名乗ってSNSで利用者を募り、普段のやり取りをLINEで行い、取り立て時は非通知で電話をかけてきます。

 

 

こういったSNSアプリを使う闇金業者が増えた理由は、低コストで身元を隠すためです。


 

近年、闇金業者は店舗を持たず第三者名義の携帯電話で営業をしています。

 

携帯電話は通信履歴を辿ると利用者が判明するので、警察が動けば携帯電話の強制解約や逮捕に繋がる可能性があります。

 

何度も携帯電話が使えなくなってしまえばその都度、第三者名義の携帯電話を準備するコストがかさむため、新たに携帯電話を準備しなくても利用できるLINEが使われています。

 

 

従来の闇金業者の場合は強引な取り立てが主流でしたが、LINEを使うソフト闇金業者の取立ては、まずLINEの無料通話と恫喝を踏まえたメッセージから始まります。

 

闇金業者からの着信通知が多くなるとスマートフォンを普通に使用することすら難しくなるので、業者側はその点も踏まえて圧力をかけてきます。

 

借り入れ申し込み時にLINEで本人確認として身分証を送っているので、個人情報をバラまくと脅されることもあります。

 

闇金業者からのLINEをブロックしてしまえば取立ての通知は止みますが、電話番号などを知っているため取立てが直接的なものになるかもしれません。

 

 

そうなると友人や職場へ取立てに来られたり、実家に迷惑がかかる恐れがあります。


 

LINEを使ったソフト闇金業者の厄介な点は、LINEを通じた個人情報の悪用です。

 

LINEのIDを不特定多数が閲覧する匿名掲示板に掲載したり、何らかの形で詐欺組織に不正利用される場合もあります。

 

2次被害が広がる可能性がある上に、闇金業者がLINEアカウントを削除すると逃げ切られてしまうので、ソフト闇金業者はとても厄介な存在です。

 

闇金の金利はとてつもなく高い

ソフト闇金業者が融資の対象として狙っているターゲットは以前の闇金業者と変わらず、自己破産者や中小消費者金融で総量規制を超えている人です。

 

従来の闇金業者よりも取り立てが緩くなったとはいえ、高金利で貸付をおこなっていることには変わりません。

 

テレビコマーシャルで見る大手消費者金融業者は最大でも年利18%ですが、闇金は一週間で30%の利息を設定している場合もあります。

 

 

一週間で30%ということは、年利1,500%以上の利息です。


 

ソフト闇金と呼ばれることが多くても、金利の面では決してソフトではありません。

 

他に借りる場所がない弱みにつけこみ高金利を貸し付けるため、金利が安いと誤認させるような提案をしてくるのも手口の一つです。

 

借りる寸前で止まり一切借り入れをしていない状態であっても、取引が始まっていると難癖をつけてキャンセル料を請求することもあります。

 

 

何かにつけて金銭を搾取しようとする悪質性が、闇金業者に古くから共通する特徴といえます。


 

直接警察に被害届を出しても、事件性が立証されなければ民事不介入として警察は関与しません。

 

ソフト闇金業者からの悪質な取立てを解決するには、闇金に強い法律家に依頼することが重要です。

 

対応が柔らかくなっていても、法外な金利で違法な貸し付けをしている犯罪組織に変わりありません。

 

必ず闇金問題に精通している弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

闇金に強い法律家が動くと警察が操作に乗り出すことがあり、闇金業者側はリスクが生じるため、対象の顧客から貸付金の回収を諦める傾向があります。

 

闇金の無料相談なら下記の専門家が即日に対応してくれます。

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所