闇金にスマホや銀行口座を渡したらどうなるの?解決方法は?

闇金にスマホや銀行口座を渡したらどうなるの?解決方法は?

闇金業者にスマホを渡してしまう行為は、詐欺罪に繋がり逮捕される可能性があります。

 

何故かというと法律で第三者へのスマホの譲歩を禁止していますし、スマホは自分で使うものとして契約しているからです。

 

これはスマホを使った特殊犯罪を未然に防ぐためです。

 

したがって、スマホを複数台契約して誰かに譲歩すると、詐欺罪に問われることもあります。

 

また、スマホの契約時に審査をする理由は、支払い能力の有無以外にも犯罪者の特定に繋がるからです。

 

闇金業者のスマホは関連性のある詐欺グループで使われることもあり、繋がりのある犯罪集団にスマホを利用された場合、スマホの契約者が罪に問われる場合があります。

 

闇金業者など違法性の高いことをしている犯罪集団はスマホを欲しがっています。

 

その理由は、携帯電話会社と契約ができないからです。

 

特定されてしまうことを恐れる闇金業者は、必ずスマホを調達する手段を探しています。

 

そのため、闇金業者はスマホを債務者から手に入れようとします。

 

よくある手口は債務者が返済できない場合、スマホの売買を持ちかけてくる手法です。

 

これはスマホを非合法なルートで取引し、他の犯罪集団に転売するためです。

 

他にも返済の担保としてスマホを契約させ、特定の住所へ郵送させたりします。

 

どんな経路で使われていたとしても、スマホの契約そのものは法律に基づいて行っているので、スマホの利用料金や端末代金の支払い義務は契約者にあります。

 

その上、闇金業者にスマホやタブレットを渡しただけで、法律違反や犯罪へ加担する可能性がでてきます。

 

 

場合によっては携帯電話会社への詐欺罪が認められ、闇金業者への刑事処罰よりも重い罪になることもあります。


 

万が一、闇金業者にスマホを渡してしまったら絶対に放置してはいけません。犯罪被害が拡大し、様々な余罪がついてしまうからです。

 

犯罪を助長する行為としてみなされるため、弁解できないこともあるでしょう。

 

銀行口座の譲渡も犯罪行為になることもある

闇金業者へ銀行口座を譲渡した場合も、スマホと同様に犯罪行為に該当します。

 

これは銀行に対しての詐欺と、口座の不正利用防止法に該当するからです。

 

闇金業者へ口座譲渡後は、同じ名義の各銀行の口座が全て凍結する恐れがあります。

 

違法なことに使われている口座と同じ名義のため、関連性がある口座を凍結する必要があるからです。

 

凍結口座を解除させるのは法律家でも難しく、とても困難とされています。

 

更に、譲渡した口座が犯罪行為に利用されていれば、不特定多数に対して詐欺罪も成立します。

 

まとめ

どんな経緯があっても闇金業者が担保としてスマホを預かったり、第三者の銀行口座を自由に使える状態は違法です。

 

もし闇金業者にスマホや通帳印鑑などを渡せと言われ、配送中の場合は運送会社に連絡して配送を止めましょう。

 

スマホからSIMカードを抜いて、それだけを封筒で送らせる闇金業者も中にはいます。

 

運送会社に連絡しても間に合わない場合は、携帯電話会社に連絡してSIMカードが通信できないように手配しましょう。

 

 

闇金業者の手に渡ってしまっている場合は、何らかの犯罪に使用され責任に問われるでしょう。


 

万が一、闇金業者にスマホや銀行口座が渡ってしまったら、まずは闇金業者トラブルを専門に扱っている法律家に相談しましょう。

 

犯罪に巻き込まれる前にすべき対処を指導したり、携帯電話会社と直接交渉をしてスマホの通信を止めてくれます。

 

特に法律家が頼りになるのは、警察に呼び出されたときです。

 

闇金業者に渡したスマホが犯罪に利用された際に、法律家は警察に適切な弁護をしてくれます。

 

法律家が警察と相談者の間に入ることにより、相談者が一方的に騙された場合は厳重注意ですむこともあります。

 

できれば、渡したスマホが犯罪に利用される前に法律家に助けを求めましょう。

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所