闇金をキャンセルしたら押し貸しされたり、請求料を取られる被害が急増。被害にあったら弁護士・司法書士に相談

闇金をキャンセルしたら押し貸しされたり、請求料を取られる被害が急増。被害にあったら弁護士・司法書士に相談

サイトやチラシ広告を見て申し込んだ金融業者が、

 

「実は闇金だった」

 

というケースは少なくありません。

 

闇金は、一般の金融業者と変わらない様子を装っていることが多いです。

 

「少額から融資可能」や「電話で簡単に借り入れOK」などの広告で安心感を与え、利用者を獲得するのが闇金の典型的なスタイルです。

 

闇金は、一般的に利用者が契約をするまでは通常の金融業者のような対応をしています。

 

 

そのため、うっかり融資を申し込んでしまう人もでてきます。


 

被害を防ぐには、できるだけ早い段階で闇金であることに気付く必要があるでしょう。

 

契約をした後に闇金であることに気付いた場合、キャンセルを申し込むのが1つの方法です。

 

ただ、闇金の場合、キャンセルを申し出ても簡単には応じてくれない可能性があります。

 

闇金はいろいろな理由を並べて契約を継続させようとしたり、キャンセルの手続きをなかなか進めなかったりするため、少し注意が必要です。

 

さらに悪質な業者になると、キャンセルをした後に押し貸しをするケースもあります。

 

キャンセル料などを請求してくる業者も見られることから、いったんキャンセルを申し込んでもすぐに安心をしてしまうのは禁物です。

 

闇金の押し貸しの手口にも注意

闇金に多い押し貸しは、融資をキャンセルしたにもかかわらず業者側が強引にお金を貸してくる手口です。

 

闇金が押し貸しをするときには、最初に伝えた個人の名前や口座番号などの情報を利用するケースが多いです。

 

「知らない間に口座にお金が振り込まれていた」

 

などは、闇金の押し貸しに多いパターンと言えます。

 

入金されたことに気付かないでいると、法定金利の上限を超えた利息を請求されるリスクもでてきます。

 

 

なかには、融資の申し込みをしていない人の口座に、一方的にお金を振り込むケースもあります。


 

こういった被害を防ぐには、自分の個人情報の管理に気を配る必要があります。

 

問い合わせなどの際に名前や勤務先、口座番号などの個人情報を聞かれても、回答しないことが大切。

 

キャンセルをした後にお金を請求するのも、闇金に多いパターンです。

 

このようなケースでは、契約を解除したことを理由に、業者がキャンセル料や請求料などのさまざまな名目でお金を請求してきます。

 

請求金額は数万円程度の少額であることが多いですが、請求はその後も何度も繰り返される場合があります。

 

お金を支払った相手にさらに強硬な手段にでる業者も多いため、心当たりのない請求にはむやみに応じないようにしましょう。

 

キャンセル用請求、押し貸しに関するトラブルは、弁護士や司法書士に相談

闇金と知らずに申し込みをしてしまったり、キャンセルをした後に押し貸しなどをされたりしたときは、自分だけで解決するのは困難です。

 

闇金はさまざまな手段で違法なアプローチをしてくる可能性があるため、信頼できる相談先に話をするのがベスト。

 

違法な行為をしている闇金に対抗するには、法律家の力を借りるのが現実的な方法です。

 

闇金に関するトラブルの相談は、弁護士や司法書士が受け付けています。

 

闇金問題に強い弁護士、司法書士事務所に相談をすれば、具体的な解決方法をアドバイスしてくれます。

 

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

さいごに

弁護士や司法書士からは闇金から連絡がきたときの対処法なども教えてもらえることが多いため、相談をすると心配事が少なくなる可能性があります。

 

法律家の力を借りるメリットは、違法な行為をしている業者に法的な手段で対処できることです。

 

弁護士や司法書士は、闇金と相談者の間に入って、交渉や法的手続きもおこないます。

 

対応を依頼すれば、相談者が安心して暮らせるような方法を取ってくれるでしょう。

 

トラブルを抱えたときは、闇金のペースに引きずられないように注意をして、早めにプロのサポートを受けることが大切です。