【闇金から借りたお金は返済義務はない理由】不法原因給付と言い、法律で決められている

【闇金から借りたお金は返済義務はない理由】不法原因給付と言い、法律で決められている

人から借りた物は返さなければいけないというのは正しいルールですが、時に間違った相手に借りた事で人生が壊されてしまう事があります。

 

その正体は闇金という存在で、期日までに返済が無ければ激しい取り立てや嫌がらせの被害に遭う事になります。

 

苦し紛れに考え抜いた結果、一家離散や失踪、その後は消息不明といった末路を辿る人も少なくありません。

 

返済の目処がつかず地獄のような苦しみを味わう闇金ですが、実は闇金業者から借りたお金については返済義務は無いのです。

 

返済義務が無い理由は、そもそも闇金は国や都道府県に無許可で貸金業を営んでいるからです。

 

 

「不法原因給付」といい、法律できっちり定められています。


 

貸金業を営む場合は、まず国や都道府県に貸金業登録をしておく必要があります。

 

正規の金融業者はきちんと登録して営業していますが、闇金は無登録で貸金業を行っており、出資法を無視した超高金利でお金を貸しているのです。

 

合法な金融業者は出資法と貸金業法という法律で定められた年利20%までの上限を守っているのに対し、悪徳な業者は10日で1割、酷い所になると10日で3割や5割といった金利で貸し付けているケースもあるのです。

 

闇金と完全に関係を断ち切るには、司法書士や弁護士に相談する事が大切

10日で1割、3割や5割という超高金利は債権者にとっては気の遠くなるような金額となります。

 

相手の脅しにおびえ、金利を返すために他の業者からお金を借りるといった悪循環を繰り返してしまいます。

 

ただ冷静になって考えてみると、闇金業者は法律に違反して運営しているため返済義務はなく、必死になって金策に走る必要はありません。

 

借金に対して負い目を感じ、ひたすら耐えている人もいますが、もし執拗な嫌がらせで暴力行為を受けた場合は、迷わず警察に通報すれば良いのです。

 

返済義務が無いからと言って、闇金は1人で太刀打ち出来る相手ではありません。

 

闇金融は必ずバックとなる金主や暴力団の存在があり、そこから資金提供を受けて営業しているのです。

 

完全に関係を断ち切るには、まず司法書士や弁護士に相談する事が大切で、電話や内容証明にて以後支払いをしない事、また請求がある場合は裁判で争うといった旨を相手に通知する事が出来ます。

 

専門家が間に入ると、大半の闇金業者は嫌がらせをやめていきます。

 

司法書士や弁護士に頼れば闇金のトラブルも解決出来ますが、一番大切なのは闇金にお金を借りない事です。

 

特にブラックリストに掲載されているような多重債務者や正規の金融機関から借り入れが出来なくなった個人事業主、金銭感覚が鈍くギャンブルや買い物依存症に陥った主婦などは闇金のターゲットになりやすいので注意が必要です。

 

 

闇金業者の怖い所は借りるまでは優しく、お金を借りた途端に立場が逆転してしまう事です。


 

おわりに

もしどうしてもお金が必要な場合は、

 

・親族や知人に借りる

 

・公的な借り入れ制度を利用する

 

・過去のキャッシングで過払い金請求が出来るか確認する

 

・借金を減らす為に債務整理をする

 

といった代替え案もあります。

 

また闇金トラブルを相談する司法書士や弁護士によって、無事に解決出来るか否かが決まります。

 

相談された側は商売なので引き受けますが、専門分野ではないからと放置されるケースもあります。

 

弁護士や司法書士には得意分野があり、これまで闇金トラブルの問題を扱ってきていない場合は解決策もなかなか見出せません。

 

 

経験がない法律家だと業者に見破られると、取り立ては一向に収まらず家族にまで返済を迫ってくる可能性があります。


 

多くの弁護士事務所、司法書士事務所の中でも闇金に強い法務事務所は存在します。

 

安心して任せられる事務所の特徴は解決スピードが速い、闇金業者に元金も1円も返さず解決できるスキルを持っている事です。

 

元金だけ返済すれば解決できるイメージもありますが、そもそも違法な運営をしている闇金には1円も支払う義務は無いのです。

 

自分の人生に関わってくる問題だけに事務所探しは口コミなどを参考にし、まずは無料相談を受けて雰囲気を確認してみても良いかもしれません。

 

闇金の無料相談なら下記の専門家が即日に対応してくれます。

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所