闇金から借りたら銀行口座凍結された!解除するにはどうすればいい?

闇金から借りたら銀行口座凍結された!解除するにはどうすればいい?

そもそも、なぜ闇金からお金を借りるだけで銀行口座が凍結されるのでしょうか。

 

闇金からお金を借りること自体は、法律違反ではありませんし犯罪行為でもありません。

 

一般的な貸金業者からお金を借りる場合には、貸金業者の口座からあなたの口座にお金が振り込まれます。

 

しかし、闇金の場合には自分の口座を使うと警察に捕まってしまうリスクが高まるため、自分の口座を使おうとはしません。

 

別の顧客の返済先として、あなたの口座を指定して返済金を振り込ませている可能性があるのです。

 

あなたの口座に返済金を振り込んでいる人が弁護士や司法書士、警察などに闇金の被害について相談にいった場合は、返済金を振り込んだ口座が確認されます。

 

つまり、あなたの口座が闇金への返済先となっていることで、闇金の口座だと認識されてしまうのです。

 

オレオレ詐欺や還付金詐欺などの振り込め詐欺が多くなった頃から犯罪に使われている口座への取り締まりが特に厳しくなり、銀行などの金融機関は犯罪に使われている疑いのある口座を速やかに凍結しなければならなくなりました。

 

闇金の振込先として使われた口座も、犯罪に利用された口座として凍結されることになります。

 

銀行口座の凍結を解除する方法

銀行口座の凍結を解除するためには、どこが凍結申請を出したのか銀行から教えてもらう必要があります。

 

凍結申請を出したのが警察署であった場合には、その警察署と連絡を取って闇金からお金を借りたことを話しましょう。

 

ただし、警察にあなたが闇金の関連者ではないと証明するのは難しいといわざるを得ません。

 

闇金からお金を借りただけでは犯罪にはなりませんが、口座売買や口座譲渡をしていた場合には犯罪になります。

 

闇金からの取り立てに困って口座を売ったり譲渡したりしたのではないかと疑われるケースも多いため、警察が取り合ってくれない可能性も否定できません。

 

基本的には、警察署にキャッシュカードと通帳を持って口座を売ったり譲渡したりしていないことを伝えにいくことになりますが、近くの警察署であるとは限らないため遠方まで出向かなければならない場合もあるでしょう。

 

闇金の被害について相談を受けた弁護士や司法書士が凍結申請を出すケースもあります。

 

この場合も、あなたが闇金の関連者ではなく闇金からお金を借りた人のうちのひとりだということを証明しなければなりません。

 

銀行口座凍結に困ったら弁護士や司法書士に相談しよう

警察庁が作成している凍結口座名義人リストに掲載されてしまうと、あなた名義の口座がすべて凍結されてしまう恐れがあります。

 

また、凍結口座名義人リストに載ると7年間ほどどの金融機関でも口座を作ることができなくなります。

 

口座を作ることができなければ、給与を振り込んでもらうこともできませんし、光熱費などの口座引き落としもできません。

 

一定期間口座が凍結されたままになると、口座名義人は名義人としての権利を失うことになり、口座に入っていたお金はあなたのものではなくなってしまいます。

 

凍結申請を出したのが警察署だとしても弁護士や司法書士だとしても、できるだけ早く凍結申請を取り下げてもらわなければ困るでしょう。

 

交渉する相手が弁護士や司法書士であった場合には、法律の専門家同士で話してもらうほうが話が早い可能性もあります。

 

弁護士や司法書士であれば、凍結申請の取り下げ交渉を行うことだけではなく、口座凍結解除要請書という書類を作成して提出し、凍結口座名義人リストから外してもらうための交渉をすることもできます。

 

凍結されている口座が使えるようになることが最優先ですが、できることならば凍結口座名義人リストから外してもらうのがベストなのではないでしょうか。

 

凍結された銀行口座を解除したい場合には、自分で何とかしようとするよりも弁護士や司法書士に相談したほうがスムーズにいくケースが多いといえるでしょう。

 

闇金や凍結された銀行口座の相談なら下記の専門家が即日に対応してくれます。

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所