【闇金相談を弁護士・司法書士にしたら即日に取り立てがとまることも】嫌がらせがとまるまでの流れについて

【闇金相談を弁護士・司法書士にしたら即日に取り立てがとまることも】嫌がらせがとまるまでの流れについて

闇金の取り立てで困った際には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

法律を無視した営業を行う闇金については、法律家に相談しても意味がないと考える人がいるかもしれませんが、実際にはそうではないのです。

 

闇金は正規の手続きを行わない違法の金融業者であるため、法律家に介入されることを極度に警戒しています。

 

法律違反を指摘され刑事告発されると警察が介入して、銀行口座の凍結や逮捕などにつながる可能性があるため、リスクを避けるために法律家が代理人となった利用者からは手を引くことが多いのです。

 

ただし一部には法律家が介入すると利用者を恫喝する闇金なども存在するため、闇金問題に詳しく経験豊富な専門家に相談することが、早期解決のための重要なポイントになります。

 

闇金に強い弁護士や司法書士に依頼をすれば、取り立ての即日停止も可能です。

 

具体的な流れとしてはまずは利用者との間で相談が行われ、闇金との交渉の代理人となる契約が行われます。

 

正式な代理人となった弁護士や司法書士は、闇金に契約が無効であることを通知して、取り立ての停止を請求するのです。

 

闇金問題に積極的に取り組む法律事務所の多くでは無料の法律相談会を開催していますので、まずは電話やメールで問い合わせることから始めてみましょう。

 

闇金の無料相談なら下記の専門家が即日に対応してくれます。

ウォーリア法務事務所

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

ウォーリア法務事務所は、事務所は大阪に事務所を構え、全国の闇金相談に対応しています。

 

代表はセコムでの勤務経験があり、闇金に苦しむ人々を助けたいという正義感から、闇金に特化した事務所を立ち上げました。

 

「戦う正義の法律家」というコンセプトのもと、2万件を超える実績を持っています。

 

闇金の相談に応じる司法書士事務所や弁護士事務所は数多く存在しますが、闇金業者との交渉には豊富な経験が求められます。

 

交渉の仕方を誤って、かえって嫌がらせが悪化したという事例も珍しくありません。

 

その点、ウォーリア法務事務所は、スピーディーな解決力に定評があります。

 

他の事務所で断られた案件でも対応可能ですし、複数の闇金業者に借入している場合でも全部まとめて依頼することができます。

 

丁寧なヒアリングを通して、個々の案件に対して最も有効な手法を用いて解決にあたっています。

 

また、ウォーリア法務事務所は親身な対応でも知られ、女性でも気軽に相談しやすいという声も上がっています。

 

司法書士には守秘義務があり、徹底して家族や会社にバレないように対策するので、個人情報や相談内容が外部にもれる心配もないです。

 

費用:1件あたり 事務手数料 50,000円(税別)
後払いに対応
事務所:大阪府北区西天満
電話対応時間:完全無料

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所

 

闇金の取り立て・嫌がらせはおそろしい

闇金への返済が滞ると、すぐに取り立てが開始されます。

 

闇金と聞くと、いわゆる「殴る・蹴る」といった暴力的な取り立てをイメージする人が多いのですが、利用者に対して直接的に暴力を行使すると傷害罪に該当するため、実際には利用者を精神的に追い込む方法で取り立てが行われることになります。

 

まずは利用者本人に返済を催促する電話がかかってくるのですが、利用者が電話に出ない場合や、返済を催促しても入金が行われない場合には、次のステップとして本人以外に対する取り立てが行われることになります。

 

例えば会社に勤めている人の場合には、勤務先に返済を催促する電話がかかって来るのです。

 

上司や同僚などが電話に出た場合にはあなたの印象が悪くなりますし、業務に支障をきたすほど頻繁に催促の電話がかかって来るようになると、解雇の理由となって職を失うかもしれません。

 

あるいはあなたの家族に対しても、返済を催促する電話がかかってくるかもしれません。

 

暴力的な強い調子で返済を催促されるため、家族の心が傷ついてトラウマ(心的外傷)になってしまうこともあります。

 

 

家の周囲に闇金を利用していることを知らせるビラを貼られたり、注文していないピザを大量に届けられるといった嫌がらせをされる場合もあります。

 

その他には闇金を利用する際に、「かならずお金を返します」と書いた紙を持たされて写真を撮られたり、あるいは裸の写真を撮られたりするケースもあります。

 

 

これは利用者が将来返済不能に陥ることを見越したものであり、返済が滞るとこれらの写真をSNSなどで公開され、「写真を消してほしければ今すぐに金を返せ」と迫られることになります。

 

おわりに

闇金(ヤミ金融)とは法律による様々な規制を無視して、違法な営業を行う貸金業者のこと。

 

日本ではかつてサラ金と呼ばれていた消費者金融が、高利での貸し付けや乱暴な取り立てを行ったことで、夜逃げをする人や自殺をする人が続出して大きな社会問題になりました。

 

現在の消費者金融は法律で義務付けられた都道府県への届出を行い、法定利息の範囲内で貸し付けを行う正規の金融業者となっていますが、一部には現在も利息制限法による規定を超える高額な利息を請求し、厳しい取り立てを行う闇金が存在します。

 

闇金は通常の消費者金融からの借り入れが難しい多重債務者に融資を行い、トイチ(10日で1割)と呼ばれる法外な利息を請求します。

 

闇金からの借り入れを利用すると利息が雪だるま式に膨らんで、あっという間に返済不能な金額に達することになります。

 

闇金は利用者が返済不能に陥ることは最初から承知しており、利用者から有り金の全てを搾り取ろうとするのです。

 

闇金の取り立てに困っているなら「闇金専門の最強法律家」に無料相談しましょう。

 

闇金の無料相談なら「ウォーリア法務事務所」

代表司法書士 坪山正義

大阪司法書士会会員(第3831号)

簡裁訴訟代理等関係業務認定会員(第1012073号)

宅地建物取引主任者

芦原空手初段

 

 

闇金に100%勝つ!ウォーリア法務事務所