借金を相続したんだけど過払い金を取りもどせる?

借金を相続したんだけど過払い金を取りもどせる?

親が亡くなってしばらくしたら、家に借金の請求書が来てびっくり!ということも時々あります。

 

親が持っていた借金は自分が肩代わりしなければならないの?と不安になりますよね。

 

結論から言えば、親が持っていた財産と負債、両方をすべて引き継ぐのが相続なので借金だけを免れて財産をもらうことはできないのです。

 

もし、親が支払い続けていた業者が高金利で過払い金が発生しているようだという時は、相続人からの過払い金返還請求をすることもできます。

 

ただしその場合はもしトータルで見て負債の方が多かったら借金もまとめて相続しなければならなくなることに注意しましょう。

 

では、全体的に負債が多いようだから相続放棄をするという場合、何に気をつけたらよいのでしょうか。

 

一番大切なのは「放棄ができる期間は限られている」ということです。

 

ある人が亡くなってから、または亡くなって自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に限って、相続人は相続放棄の手続きができるという法律上の決まりがあります。

 

家庭裁判所に申立書を出す時には戸籍などを準備する必要もありますので余裕を持って手続きするようにしたいものです。

 

もし、その前に過払い金を請求して自分のために使ってしまったりすると、「法定単純承認」といって、自動的に相続を承認したものとみなされて相続放棄ができなくなりますので、取引履歴の計算をしたら、あとは何も手をつけない状態で放棄の手続に取り掛かかるべきです。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら

 

関連ページ

旧姓のときの借金に、過払い金が発生していれば返還を請求できる?
たとえ姓や住所が変わっていたとしてもそのこと自体が返還の妨げになるということはありません。
自己破産したけど過払い金戻ってくることあるの?
自己破産すると、自分が持っている財産の中で経済的な再起のために必要な分を超えるものは債権者への配当に回されることになりますが、過払い金の請求権も財産とみなされるということです。
連帯保証人の方も過払い金請求できる?
連帯保証人は借り手本人ではないとはいえ、自分が肩代わりして払った分が過払いになっていれば貸金業者に返還請求ができるのです。