旧姓のときの借金に、過払い金が発生していれば返還を請求できる?

旧姓のときの借金に、過払い金が発生していれば返還を請求できる?

「結婚する前に借金があったのだけど、高金利の業者にずっと返していたから過払いになっているかも。今さら取り戻せるの?」と疑問に思う人もいますよね。

 

完済した業者に対してでも過払い金の請求をすることはできますし、利息制限法を超える利率で、なおかつ完済しているならほぼ確実に過払い金が発生しているのでやらなければ損になります。

 

たとえ姓や住所が変わっていたとしてもそのこと自体が返還の妨げになるということはありません。

 

業者側も戸籍や住民票まで提示させることはあまりなく、そのようなケースで請求しようとした場合は取引していた当時の住所や氏名をはっきり示すことで過払い金を請求することができます。

 

ただここで問題になってくるのが「消滅時効」にかかっていないかということです。

 

完済してから10年を過ぎてしまっていれば時効によって過払金請求権自体がもう消えているおそれもあります。

 

ずいぶん昔の話なんだけど・・と思う人は、まず自分の側で何か保存している資料がないか確認してみましょう。

 

銀行の引き落としで支払っていたなら通帳、振り込んでいたならその控えの紙、また、完済した際に最初の契約書を返してもらえることもあるので、その送付の時期から判断することもできます。

 

もし、それがなくても「取引の履歴をください」と業者に頼んで送ってもらえば最終の取引時期はわかるはずです。

 

もしかしたら何十万円という過払い金がそこに潜んでいるかも知れないですからとりあえず確認してみて損はないといえます。

 

借金相談するならアヴァンス法務事務所

代表司法書士 姜 正幸

アヴァンス法務事務所はとくに債務整理を得意としており、他事務所と比較して借金整理までの期間が早く、費用が安いという特徴があります。

 

また闇金の相談も受け付けており、即日に取り立てをとめるよう全力で対応してくれます。

 

アヴァンス法務事務所の姜 正幸先生は現在の借金を減らしてくれるだけでなく、なぜそのようになってしまったのかも相談にのってくれて、根本的な原因を解決してくれようとしてくれるとても人情のある先生です。

 

どんな些細なことでも無料で借金相談ができる事務所です。

 

また以前に消費者金融で勤務していたスタッフも多くかかえているので業者のウラ事情も把握できているという強みがあります。

 

どのくらい借金減額できるか聞くだけでもOK。

 

家族や職場に知られないようにきちんと対策してくれます。

 

全国対応です。

 

「債務整理相談」の詳細はこちら

 

「女性専用窓口」はこちら

 

 

関連ページ

自己破産したけど過払い金戻ってくることあるの?
自己破産すると、自分が持っている財産の中で経済的な再起のために必要な分を超えるものは債権者への配当に回されることになりますが、過払い金の請求権も財産とみなされるということです。
連帯保証人の方も過払い金請求できる?
連帯保証人は借り手本人ではないとはいえ、自分が肩代わりして払った分が過払いになっていれば貸金業者に返還請求ができるのです。
借金を相続したんだけど過払い金を取りもどせる?
結論から言えば、親が持っていた財産と負債、両方をすべて引き継ぐのが相続なので借金だけを免れて財産をもらうことはできないのです。